PPムブラー 滞在記


by astayatppmobler
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ケンの友人たちとの楽しい夕食を取った翌日も
夕食はお客様と取る予定になっていました。

そのお客様とはケンの姉のマイと初めて会う弟のフィンです。

ケンとフィンは、いとこのウッフェと3人で今週の金曜日から3日間掛けて
スウェーデンにハイキングに行く予定なのです。
ハイキングと言っても、かなりの距離を歩き続け、山岳用語でいう縦走に近い
かなりハードな行程だそうです。

旅行前日にフィンがコペンハーゲンに滞在するので、久しぶりに兄弟が揃うという事で
みんな揃って私たちのフラットで食事をすることになりました。
フィンとマイが私たちのフラットに来たのは夜になってからでしたので、
食事を始めるのがかなり遅くなってしましましたが
3兄弟と私だけですので、のんびりとしていて、とても楽しい食事会になりました。


ケンがスウェーデンに行く一方、私の今週末の予定はというと
ある日本人留学生に会うことになっていました。

その人は、知人の紹介で
デンマークに来る以前からメールでやり取りをしていたKさんという女性で
オーフス市にある建築学校に留学していてインテリアデザインの勉強をしていました。
Kさんの友人で同じ学校に通っている日本人女性Yさんと共に
PPの見学をしに今週末、コペンハーゲンに来ることになっていました。

当時私は携帯電話を持っていなく、連絡はパソコンのメールのみでした。
しかもケンは当時家にパソコンの回線を持っていなかったため
私はPPの電話回線を使ってのみ、メールのやり取りをしていました。
ですからケンがスウェーデンに行っていて、彼の携帯電話も借りられない状況では
人と待ち合わせをすることが非常に困難でした。

彼女達の予定は、
PPと同じ町にあるもう一つの有名な家具工場フリッツ・ハンセンの工場見学も
同じ金曜日の午前中に希望していました。

Kさんに会う前日、PPから帰宅してしまうと、
Kさんからのメールでの連絡が確認できない状況なので、
少し心配でしたがとにかく翌日の10時頃にはフリッツ・ハンセンに行ってみようと
その日は就寝することにしました。


翌金曜日の朝、ケンがスウェーデンに出発するのを見送ってから
PPとフリッツ・ハンセンのあるアレロッドの駅に少し早めに向かいました。
駅で二人に会えるかもしれないと思い、
列車を何本か待ちましたが二人は乗っていませんでしたので
そのままフリッツ・ハンセンの工場へ向かいました。

フリッツ・ハンセンの工場でも二人に会うことができませんでしたので
今度はPPに少し遅れて出社してメールを確認することにしました。


折角なので、以前ケンに聞いたことのある、
PPとフリッツ・ハンセンの間にある森を通って行くことにしました。

フリッツ・ハンセンの工場の裏手から森に入っていくと森の壮大さにびっくりです。
近くに住宅地があるとは思えないほど大きな木々がうっそうと茂っていて
まるで別世界のようでしかもとても静かなのです。

その森の中を、手を加えすぎていない小道がずっと続いています。
その小道を一人でのんびりとPPまで歩いていきました。

いつもの通いなれた道をほんの少し横道にそれるだけで
とても豊かな自然を感じることができる環境は、
私にはデンマークの豊かさの象徴のように感じられました。



Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com



f0271949_17492627.jpg

[PR]
by astayatppmobler | 2014-05-08 19:00 | PPmobler滞在記