PPムブラー 滞在記


by astayatppmobler
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

78、日本人研修生加入 2

新しく加入する日本人研修生T君をカストラップ空港に迎えに行くこの日は
とても良い天気。
今年最後のログハウス作りに泊まりかけで出かけているケンも
きっと作業がはかどっている事でしょう。

空港では無事T君を見つけることができました。
到着して早速ですが、空港内にある売店で
T君がこれから日々使う事になる電車やバスで使用できる回数券を
自分で購入してもらいます。
T君は余り英語が得意な様ではありませんでしたし、
ここで私が手助けするのは簡単ですが、
これから1ヶ月間はほぼ英語のみで暮らして行かなければなりません。
少し苦労していたようですが、無事回数券を購入して
私たちが住むフラットへと向かいました。

ケンは明日まで帰ってこない為、今晩はT君と2人での夕飯です。
一日中日本語だけで過ごすことに不思議な違和感を感じていましたが
思ったことをきちんと相手に伝える事が出来ることという事が
どれほどありがたく、そして大事な事かを改めて感じました。


翌日曜日もT君と共に過ごしました。
先ずはPPに行って、隣接するコンテナに入り、
これからT君が1ヶ月を過ごす部屋を確認しました。
その次にPPの工場内にある洗濯機の説明をしました。
日本と違い石灰除去剤を入れないと洗濯機が壊れてしまう為
PPのハンナさんから事前に使い方の説明を聞いていまして、
間違った使い方をしない様、何度も念を押されていたのでした。

それから再び電車に乗って隣町にあるトーマスさんの工房へと向かいました。
ここは以前私がペーパーコード編みの実習に行ったことのある工房で
T君は最初のうちはPPでは無くこの工房で
ぺーパーコードなどの編み方の基礎を学ぶことになっているのです。
最寄駅についた私たちはトーマスさんの工房への道を歩きながら
色々な話をしました。


昨日初めて出会ったT君でしたが、
彼のデンマークでの生活に対する不安や心細さが手に取るように良くわかります。
それはつい3ヶ月前の自分がまさにそうだったからです。
ですから、早く一人で電車やバスに乗り、お店で買い物をすることを勧めました。

T君を見ていると約3ヶ月で私自身がデンマークでの生活にかなり慣れた事を感じました。
そして来週はいよいよPPでフルタイムで働くことができる最後の週となりました。
社長のソアンに今後もPPで働けるよう、直接お願いをしようと思っています。


Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

f0271949_15200968.jpg

[PR]
by astayatppmobler | 2018-10-30 15:32 | PPmobler滞在記