PPムブラー 滞在記


by astayatppmobler
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
f0271949_10461243.jpgケンとライはPPから持参した道具や椅子を出して、いよいよ実演開始です。

ライは椅子張りの職人なので、スツールの座面を張ることに
ケンはバレットチェアという3本脚の椅子の仕上げ削りを行うようです。

特にアナウンスなどは無かったようなのですが
人々が次第に集まり始め、皆熱心に実演を見ていました。

時々観覧している人がケンやライに話しかけ、ケン達は椅子の構造や作り方などを説明していました。


ケンとライが実演をしている間、私は一人で再び給水塔に向かいました。


f0271949_158741.jpg今度は1人なので、展示している椅子を1つずつ、ゆっくり見て回りました。
いつもPPで見ている椅子が多いのですが、それでもとてもわくわくします。

1脚ずつ、触ったり座ったり、ひっくり返したりしながら、塔の最上階に向かいました。



f0271949_15112514.jpg

最上階は会議場のようになっていて、周囲はガラス張りなので
非常に見晴らしが良い作りになっています。

大きな円形に組まれた5台のテーブルの周りにはザ・チェアがぐるりと取り囲み、とても壮観な眺めです。


窓からトゥナーの街並みを見下ろしながらここがウェグナーが生まれ育った場所なのかと思うと何とも感慨深い気持ちになりました。



余談ですが、私のホームページ等で使われているプロフィール写真は
この最上階のザ・チェアに座って撮ったものです。
f0271949_15284481.jpg
なぜ体を少し前に滑らせて座っているかというと
初めにきちんと座って撮った時は、頭の上が枠から少しはみ出してしまっていました。

その時には撮影に使えそうな荷物を持っていませんでしたのですこし体をずらして撮ったのがその理由です。

その時はあまり考えずに撮ったのですがその後、この写真をたくさん使用することになったのでもう少しきちんと取っておけば良かったと、今は思っています。



博物館を満喫した私は、トゥナーの街並みを見ながら
次にここに来るときには,必ず家具デザイナーとして成功してから来ようと、一人、心に誓いました。


f0271949_15395991.jpg

[PR]
# by astayatppmobler | 2015-12-11 10:28 | PPmobler滞在記