PPムブラー 滞在記


by astayatppmobler
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日曜日にゆっくりと過ごしたので体調も万全となり、
気持ちのよい月曜日の朝を向かえました。
f0271949_10243157.jpg
PPでの研修第2週目、最初の仕事は、なんとバレットチェア!の座面削り。


ここでバレットチェアをご存知の無い方の為に簡単にご説明しますと、

ウェグナーデザインの代表的な椅子の1つで前脚が2本、後脚が1本の
軽やかな3本脚の椅子です。

背柱や座面の流れるような曲面が非常に美しいうえに
ハンガーのような形をした背もたれにはジャケットが掛けられ、

可動式の座面を持ち上げると財布などを入れるための三角形の小物入れが現れます。

その持ち上げた座面にはズボンが掛けられるという
仕掛けがとてもユニークな椅子なのです。

” バレット ”とは召使という意味でこの椅子が1脚あれば
仕事から帰宅して着替える際の服やポケットの中身が全て片付くことから
その名が付けられたと言われています。


この魅力にとんだバレットチェアをケンが製作していて、
その手伝いをさせてくれるというのです。私の担当は座面の仕上げ削りでした。

このバレットチェアは非常に高価な椅子で(日本円でほぼ7桁の金額!)

その重要な部分の座面の仕上げ削りを私に任せてくれるというのです。

余程、私の事を信頼してくれているのか、あまり深く考えていないかのどちらかなのでしょう。(笑)


ケンに削る手順を教わり、間違えないようにしっかりとメモをしていきました。

デンマーク製の工具に加え、
日本から持参した南京かんなという曲面を削るためのカンナも準備し、いよい作業よ開始です。

 f0271949_10253279.jpg                                
   仕事をはじめようとすると、
   工場の人からスチール製の板で出来ている削るための道具をもらいました。

   「これをイワオ専用にして使うと良いよ」

   そう言って手渡ししてくれました。

   PPに来て初めての自分専用の道具。

   小さな道具ですが、PPの一員になれたような気がしてとてもうれしかったです。

f0271949_10263539.jpg

   いろいろな道具を使いながらいよいよ削り始めました。

   見本を見ては削り、ケンに確認してもらっては削りを繰り返して
   少しずつ座面が完成形に近づいていきました。

   初めは少し緊張しながら削っていきましたが、
   だんだん慣れてくると、削ることが楽しくて仕方ありませんでした。
  




まだPPに来て日も浅いのにいろいろと経験させてもらい、本当にありがたいなあと心から感謝しました。




                                     完成したバレットチェア

f0271949_10265349.jpg

[PR]
by astayatppmobler | 2011-08-15 10:22 | PPmobler滞在記