PPムブラー 滞在記


by astayatppmobler
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
9月最後の日曜日の朝、昨日のウェグナー生誕の地ツアーの疲れもなく
スッキリと目が覚めました。
ケンはそのまま社長のソアン宅に泊まっているので、珍しい一人の朝食をゆっくりと食べました。

今日は先週コペンハーゲン市内の橋の上で偶然出会ったMさんに会いに行く予定です。
9時30分頃、ケンのフラットを出発し、Mさんが宿泊しているラディソンSASスカンジナビアホテルに自転車で向かいます。
(現在の名前はラディソンBlu(ブルー)スカンジナビア)

1階のロビーで再会し、そのまましばらくお互いの近況報告などを話し合いました。
Mさんの仕事の事、私のPPでの仕事の事、そして今後の目標についてなど色々と話をしているとあっという間に時間は過ぎ、気が付くと昼食の時間になっていましたので
ホテルからストロイエという市内中心部に歩いて行ってそこで食事をすることにしました。

ストロイエではひなびた中華料理屋さんに入ることにしました。
スープとチャーハンを食べただけでしたが、当時のレートで約2000円!近くかかってしまいました。
しかも昼食代はMさんが払っていただけるという事なので、ありがたくにごちそうになりました。

Mさんは来年も仕事でデンマークに来る予定があるそうで
その時まで私も頑張ってPPで仕事を続けていますのでまたその時お会いしましょうと約束して別れました。
Mさんは仕事でよく海外に出かけるそうなので、
私もゆくゆくはMさんのように海外を股にかけて仕事をしてみたいものだと
思いながら帰途につきました。


翌月曜日から張り切って75/140と呼ばれるテーブルを作ろうと出社すると
使用する金具が無いために製作は一時ストップに。
しかも仕事の割り振りをするトーマスが体調が悪いらしく会社を休んでいるので
仕方なく自分用のザ・チェアの製作をすることになりました。

笠木の部分を削っていると、社長のソアンがいつの間にかやってきて
「昔ウェグナーはこうやって出来具合をチェックしていた」と言って、私が削っている笠木を持ちあげて様々な角度から出来具合を確認してもらいました。

その笠木をチェックしているソアンの姿が、私には急にウェグナーのように感じられて
少しドキッと感じました。

その日の夕方、社長室にいるソアンの所に行って、今後の自分の希望について話をしました。
現状での仕事にはとても満足している事、仕事の出来やスピードも十分合格ラインに達していると思っている事、時々訪れる日本人客の為に会社の案内などが出来ることなどなど。
それらを踏まえて今後もPPの一員として会社に貢献できるのではないかという事をアピールしました。

落ち着いて、ソアンに自分の思いを伝えることが出来たと思いましたので、
後は社長であるソアンの決定を待つしかありませんが、言えることは言ったという充実感がありましたので気持ちとしてはすっきりとしていました。

帰宅後、その日の夕食をしようとしていた所、ケンから、
アンナの所で小さなパーティーがあるので、それに参加しようと言われました。
同じフラットに住むアンナ宅へ向かうとそこにはイギリス人のジョナサンとチェコ人のピーターがいて4人で即席パーティーを楽しみました。

アンナは料理がとても上手で、私は全く遠慮なくたくさん食べました。
たぶん他の人の2倍は食べたのではないでしょうか。
会話も英語でしたので、デンマーク語だけよりは仲間に入れましたが
ネイティブもいるので、すごい速さの英会話には付いていくとても大変でした。

アンナ、ご馳走様でした、皆さん、楽しいパーティーに参加させてくれてありがとう。



            以前私が作った肉じゃがと焼うどん 
      
f0271949_12144452.jpg

Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com



[PR]
# by astayatppmobler | 2016-12-03 12:28 | PPmobler滞在記